www.amicatriathlonvegas.com
車を手放す際や、中古車の売却手続きの際も印鑑証明というものがなければなりません。この印鑑証明に関して解説していきます。印鑑証明というのはその印鑑が実印として効力を持つということを裏付ける目的の正式な書類です。この書類がないとその印鑑が実印として効力を持つことがわかりません。大きなお金が動く商談になる該当する車の買い取りですから、どうしても実印が必要になりますがそれと一緒に印鑑証明という書類が必要となるのです。印鑑証明という書類を実際に発行するためには発行前に印鑑証明をすることが必要です。書類に登録する印は正式には実印と呼ばれ世界で唯一のハンコである必要があります。この印を手配して、お近くの役所の案内係へ出向けば、印鑑登録をすることができます。印鑑登録をすれば印鑑登録カードというものが交付され印鑑登録手続きをした印鑑は実印として認められたということになります。印鑑証明を交付してもらうには市役所などの窓口へ行き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記載して印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。それから自動交付機を使って印鑑証明を交付してもらう事が可能です。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。ですから、いつの印鑑証明であろうが印鑑証明としての効力は半永久的に持続することになります。ただ、車売却時には、効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。基本的には有効期限の定めはないですが愛車の買取の際は、買い取り先が必須となる有効期限を決めているのでもしも自動車売却の予定があるのならば、はじめに用意しておくことが望ましいです。